生産性向上Know-How公開

生産性向上Know-How公開 > 04

04/ 今までの鉄プローブは測定物に傷をつけることをご存じでしたか?

[ステンレススチールプローブ] ステンレススチールプローブ

"高い輸入車の膜厚を計るたびに小さな傷でもつくのではないか怖いですね。"

- XX輸入業者 OOO マネジャー -

膜厚測定のためにはプローブを測定面に垂直に密着させなければなりません。プローブにはスプリングが内蔵されていて、この反発力を押さえるくらい押して正確な測定値が表示されます。

具体的にステンレススチールプローブを垂直に押したとき 測定面にはどんな変化があるのでしょうか?

塗装面よりステンレススチールの方がもっと硬度が高いため プローブの後がついてしまうのです。特に、プローブの中央にあるチップはステンレススチール材質の 玉の模様であるため傷がついてしまう構造になっています。

こうしたお客様の悩みを解決する提案を致します。

[高級ルビ] 高級ルビ 青いプラスチック製のふたの上にあるルビチプ白いプラスチック製のふたの上にあるルビチプ

QNixの強化プラスチック材質プローブは 測定をしなかったかのように表面に痕跡を残しません。

QNix テクノロジーの核心!プローブのチップ(Tip)は宝石材質の高級ルビー(Ruby)で作られ 車体測定時に表面に一切の傷を残しません。

"今までは塗装が完全に乾いて硬化するまで待ちました。QNixプローブは測定の痕跡が残らないので時間も節約できてとても便利です。"

- タンク塗装専門業者 XXX代表 -

今までの製品に比べ耐久性30%以上向上された ルビーチップが装着されたQNix膜厚測定器 あなたのサンプルを傷なく安全に測定します。