生産性向上Know-How公開

生産性向上Know-How公開 > 06

06/ 膜厚測定、正しい選択が転落事故の予防に繋がります。

左手には、器械を、右手には、電極を持って塗装の厚さを測定する専門家の1番目の様子 左手には、器械を、右手には、電極を持って塗装の厚さを測定する実務家の2番目の様子 左手には、器械を、右手には、電極を持って塗装の厚さを測定する専門家の3番目の様子

はしごの上で膜厚測定をするとき、危ないと思った事はありませんか?

今までは右手にはプローブ、左手には本体を持ち 膜厚を測定するしかありませんでした。

"もし、両足だけで体を支えながら 不安定な体勢で危ない測定をされた経験はありませんか?"

"だらだらと邪魔をするケーブルのせいで危なく、不便だったのではありませんか?"

そうなんです。全ての安全を威嚇する原因は 計器本体とプローブを繋ぐケーブルでした。例えば、計器本体とプローブを繋ぐケーブル無しで 測定可能な測定器はないのでしょうか?

新技術、無線プローブ 一つで全ての問題が解決します。

無線プローブはあなたの安全をお守りします。引っ掛かって!邪魔で!壊れる! 不便だった! 旧時代のケーブルよ!さようなら!

計器本体はポーチに収納し右手で無線プローブを 左手手で体制を整える。